• 本

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

出版社名 日経BP社
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-8222-4980-9
4-8222-4980-8
税込価格 2,640円
頁数・縦 591P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「私たちはシグナルを探そうとしてノイズを集めている」米大統領選で「オバマの勝利」を完璧に予測し、世界を騒然とさせた希代のデータアナリストが、情報の洪水のなかから真実(シグナル)を見つけ出す統計分析理論と予測技法を初公開!

目次

壊滅的な予測の失敗
キツネとハリネズミ―予測が当たるのはどっち?
マネー・ボールは何を語ったか?
天気予報―予測がうまく機能している数少ない分野
巨大地震のシグナルを探す
経済予測はなぜ当たらないのか?
インフルエンザと予測モデル
間違いは減っていく―ギャンブルとベイズ統計
機械との闘い
ポーカー・バブル
打ち負かすことができないなら―金融市場と予測可能性
地球温暖化をめぐる「懐疑心」
見えない敵―テロリズムの統計学

出版社・メーカーコメント

大統領選挙での「オバマの勝利」を二度にわたり完璧に予測し、全米中を騒然とさせた 天才的データサイエンティスト、ネイト・シルバーによる話題の書。 金融市場、天候、政治(選挙)、プロスポーツなど、さまざまな分野における予測の重要性と精度、 失敗例・成功例などに具体的に言及しながら、複雑に絡み合った情報のなかに混在する シグナル(予測の手がかり)とノイズ(雑音)の見分け方、陥りやすい落とし穴、予測の精度を高めるための 手法などを平易な言葉で解説する。 ビッグデータ分析のための貴重なヒントを凝縮した一冊。 ……実際に人の手の届く範囲でわずかばかりの未来を予測する、ということに関しては 統計学はかなり成功するようになった。 しかし一方で、当たり前にわかりそうなことの予測ですら、人間はいまだ思いのほか無力である。 なぜ無力なのかという謙虚さと、そこに挑んできた人類のアイディアがこの本の中には詰まっている。 ――――西内啓氏(統計家)による解説より。 「ヨギ・ベラは言った。『予測は難しい。とくに将来に関してはね』と。本書でネイト・シルバーが 指摘しているように、専門家の予測といえども、比較的正しいものからまったく役に立たないものまで、 さまざまだ。だからこそ私たちは、予期せぬ事態に備えなければならない。次に何が起こるか ――それが気になるなら絶対に読むべき一冊だ」(リチャード・セイラー シカゴ大学経営大学院教授)

著者紹介

シルバー,ネイト (シルバー,ネイト)   Silver,Nate
1978年生まれ、ニューヨーク・ブルックリン在住の統計専門家。『マネー・ボール』で有名になった野球データ分析会社ベースボール・プロスペクタスの予測モデル「PECOTA」の開発者。2008年の米大統領選挙の結果を予測し、ほぼ完ぺきに(50州のうち49州)的中させたことで一躍脚光を浴びた(2012年の大統領選は50州すべて的中)。タイム誌の「世界でもっとも影響力のある100人」(2009年)にも選出された。政治予測ブログ「FiveThirtyEight.com」を主宰し、各種の選挙結果の予測をはじめ、政治、経済、スポーツなど幅広い分野の話題について統計学の視点から独自の見解を提示し、世界的に注目を集めている
川添 節子 (カワゾエ セツコ)  
翻訳家。慶應義塾大学法学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)