• 本

現場主義の競争戦略 次代への日本産業論

新潮新書 549

出版社名 新潮社
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-10-610549-4
4-10-610549-7
税込価格 792円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

本社よ覚醒せよ―敗北主義でも楽観主義でもない、現場主義の目で見れば、日本経済の本当の力が見えてくる。数字だけの経営分析、根拠のない「製造業悲観論」を真に受けてはならない。「現場」は常に忍耐強く、沈黙の臓器のように能力向上を続けているのだ。熾烈なグローバル競争の中で、「何をやりたいか」より「何なら勝てるか」を考え抜く、現場発の日本産業論。

目次

第1講 「現場」は死なず―金融危機と優良現場(ものづくりの実証経営学
「市場立地」と「比較優位立地」
現場からビジネスモデルを提案 ほか)
第2講 本社よ覚醒せよ―自滅の道を回避できるか(組織全体がうつ状態
大野耐一と武藤山治の凄み
中小企業=弱者ではない ほか)
第3講 ぶれない枠組を持つ―製造業悲観論を超えて(東大MMRCの現在
海外での「リーン生産方式」導入熱
縮小する新興国との賃金差 ほか)

著者紹介

藤本 隆宏 (フジモト タカヒロ)  
1955(昭和30)年東京都生まれ。東京大学経済学部卒。三菱総合研究所を経てハーバード大学ビジネススクール博士課程修了。東京大学大学院経済学研究科教授、東大ものづくり経営研究センター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)