• 本

歩−私の生き方・考え方−

出版社名 小学館
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-09-396525-5
4-09-396525-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 219P 20cm

商品内容

要旨

「脇役の一流」を目指した男が「歩」から「と金」になるまでの「思考と努力」全軌跡。―飛び抜けた資質をもたぬ人間はどう生きればいいのか。ここには、明日への助言が溢れている―「意識」が変われば、人は必ず成長する。

目次

第1章 脇役の一流(感謝の気持ち
危機感 ほか)
第2章 野球小僧(誕生
野球とのはじまり ほか)
第3章 夢へのスパート(夢から目標へ
“愛のムチ” ほか)
第4章 プロの闘い(新たなスタート
ギリギリ及第点の一年目 ほか)

出版社
商品紹介

今季限りで引退するヤクルト・宮本選手。非力な彼が名球会入りするまでに至った打撃、名手の誉れ高い守備などの技術論からチームを引っ張る際のリーダー論までを語り尽くす。野球ファンほかビジネスマンも必読の書。

出版社・メーカーコメント

史上最強バイプレーヤーの人生&野球哲学 今季限りで引退したヤクルト・宮本慎也選手。入団時は、野村克也監督から“自衛隊”と呼ばれるほど守備の人だった彼が、なぜ2000本安打を達成できるほどになったのか。ヒントは、中西太コーチのあるひと言にあります。そんな打撃向上のエピソードのほか、名手と呼ばれる彼が、ゴロを捕る際、グラブの場所を使い分けているといった、守備の名手ならではの秘訣まで、野球技術に関して詳細に披露。さらに、ヤクルト、WBC代表 、五輪代表などさまざまなチームで常に主将として頼られ、チームを牽引してきた彼が、選手の側に立つリーダーとして、その心構え、チームの引っ張り方を知られざるエピソードとともに独白。野球ファンばかりか、ビジネスマンも必読の一冊です。

著者紹介

宮本 慎也 (ミヤモト シンヤ)  
昭和45(1970)年11月5日生まれ。PL学園高校では2年時に春夏甲子園で優勝。同志社大学に進学し、2年春のリーグ戦で首位打者に。卒業後はプリンスホテルに入社。平成6(94)年のドラフトでヤクルトを逆指名、2位で指名される。平成7(95)年にヤクルトスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に入団。平成13(01)年には、2番打者としてシーズン最多で日本記録、世界タイ記録となる67犠打で、ヤクルトの日本一に貢献する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)