• 本

男性論 ECCE HOMO

文春新書 934

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-16-660934-5
4-16-660934-3
税込価格 836円
頁数・縦 229P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

古代ローマ、あるいはルネサンス。エネルギッシュな時代には、いつも好奇心あふれる熱き男たちがいた!ハドリアヌス、プリニウス、ラファエロ、スティーブ・ジョブズ、安倍公房まで。古今東西、男たちの魅力を語り尽くす。

目次

第1章 ヤマザキマリ、漫画的日常
第2章 男性論1―「古代ローマ」な男たち
第3章 男性論2―ルネサンスを起こす男たち
第4章 男性論3―変人論
第5章 女性論―成熟した「いい女」とは
第6章 ボーダーを超える!

出版社・メーカーコメント

古代ローマ、あるいはルネサンス。先進的な文明、そして数々の芸術作品を生んだエネルギッシュな時代には、いつも知的好奇心あふれる熱き男たちがいた――。ハドリアヌス、プリニウス、フェデリーコ2世(フリードリヒ2世)、ラファエロ、そしてスティーブ・ジョブズ、安部公房まで。確かな技術と壮大な空想力で時代の一歩先を読み、新たな次元を切り拓いた古今東西のボーダレスな男たちを軸に、『テルマエ・ロマエ』の作者・ヤマザキマリが語る想像力の在り処。

著者紹介

ヤマザキ マリ (ヤマザキ マリ)  
漫画家。1967年、東京生まれ。17歳でイタリアに渡り、フィレンツェにて油絵を学ぶ。その後、エジプト、シリア、ポルトガル、アメリカを経てイタリア在住。『テルマエ・ロマエ』(エンターブレイン)で手塚治虫文化賞短編賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)