• 本

氷結鏡界のエデン 12

浮遊大陸 オービエ・クレア

富士見ファンタジア文庫 さ−2−2−12

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-04-712972-6
4-04-712972-0
税込価格 682円
頁数・縦 412P 15cm
シリーズ名 氷結鏡界のエデン

商品内容

要旨

氷結鏡界が音を立ててきしむ。結界の鍵を異篇卿イグニドに奪われ、幽幻種侵攻は時間の問題だった。皇姫サラが下した決断、それは精鋭による異篇卿追撃戦と、護士たちの総力を挙げての浮遊大陸防衛戦。サラに率いられ、巫女、千年獅、そしてシェルティス、ユミィがイグニドを追う。だが“楽園幻想”を成就させんとする異篇卿が、真の力を解散し、行く手を阻む。「…レオンは一番強いから。誰にも負けない…から」穢歌の庭で対峙する、千年獅レオンと異篇卿アルマデル。一方、浮遊大陸でも天結宮戦力と幽幻種の撃戦が幕を開けて―氷結鏡界か楽園幻想か。重層世界ファンタジー、最終局面!

著者紹介

細音 啓 (サザネ ケイ)  
『黄昏色の詠使い』にて第18回ファンタジア長編小説大賞佳作を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)