• 本

月日の残像

出版社名 新潮社
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-10-360608-6
4-10-360608-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 261P 20cm

商品内容

文学賞情報

2014年 第13回 小林秀雄賞受賞

要旨

疎開先で亡くなった母、早世した四人の兄、父の晩酌、松竹撮影所時代、木下恵介、寺山修司、向田邦子の思い出…。胸を揺すぶり、深々と沁みてくる、静かな驚きにみちたエッセイ。

目次

武蔵溝ノ口の家
下駄を履いていたころ
Oさんの綿の話
減退
七回忌もすぎて
一九六〇年以前
シナリオライター
土の話
三男と五男
抜き書きのノートから〔ほか〕

著者紹介

山田 太一 (ヤマダ タイチ)  
1934年東京浅草生まれ。脚本家。早稲田大学卒業後、松竹大船撮影所入社。演出部で木下恵介監督の助監督に。65年独立。以後約半世紀にわたって、『岸辺のアルバム』『早春スケッチブック』『ふぞろいの林檎たち』『キルトの家』など多くの名作テレビドラマを手がける。88年『異人たちとの夏』で山本周五郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)