• 本

宇宙像の変遷 古代神話からヒッグス粒子まで

放送大学叢書 023

出版社名 左右社
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-903500-60-7
4-903500-60-8
税込価格 2,052円
頁数・縦 285P 19cm

商品内容

要旨

ケプラー、ニュートン、ハッブル、アインシュタイン、ホーキング。人びとは天空にいかなる宇宙を描き出したか。

目次

落下文明と古代の星座
時間計測と暦法の問題
空間認識と地図の発展
プラトンの問い「現象を救え」
二重コスモス像の世界
コペルニスク革命は革命か
ガリレオの望遠鏡と宗教裁判
ケプラーが聴いた天上の音楽
ニュートンのリンゴと万有引力
無限宇宙複数世界論の勝利
「時の矢」は宇宙の熱死を示すか
光の宇宙とアインシュタイン
ハッブルの後退する宇宙
宇宙探査とET問題
ビッグバン後の最新宇宙論

著者紹介

金子 務 (カネコ ツトム)  
大阪府立大学名誉教授。科学思想史、科学技術論、情報文化論。主な著書に『アインシュタイン・ショック』(河出書房新社/岩波現代文庫・サントリー学芸賞受賞)など多数。1933年埼玉県に生まれる。57年東京大学教養学部卒業。85年大阪府立大学総合科学部・同大学院人間文化研究科教授。97年図書館情報大学教授。99年帝京平成大学教授。大阪府立大学名誉教授。放送大学客員教授、国際日本文化研究センター共同研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)