• 本

ケプラーとガリレイ 書簡が明かす天才たちの素顔

出版社名 白水社
出版年月 2014年1月
ISBNコード 978-4-560-08339-0
4-560-08339-8
税込価格 3,740円
頁数・縦 401,24P 20cm

商品内容

要旨

科学史上に輝く巨星の対照的な生涯と大発見!同時代の二人が交わした書簡に秘められた真相とは?グローバル化の波に乗る十七世紀の先進都市を舞台に、「天才たち」の劇的な生き様を、気鋭の科学ジャーナリストが活写する。「最良の科学書」第1位に選出された評伝。

目次

第1部 望遠鏡で覗くと(磨いたガラスの向こうの世界―ガリレイがすでにあった望遠鏡をもう一度発明した顛末
数学によって天に梯子をかける―ケプラーの月についての夢
新しい宇宙―眼の人、ガリレイ
夜はどうして暗いのか?―ケプラーと科学の歴史的瞬間
王侯に仕えたいという希望について―ガリレイ教授、宮廷哲学者になる
「衆人の愚かさを笑ってやりましょう!」―ケプラーの情熱的な手紙と不可解な反応)
第2部 イタリア人とドイツ人(リュート弾き―ガリレイ家における音楽と数学
「私は神学者になるつもりでした」―傭兵の息子から数学者にいたるケプラーの道
黄金の秤―アルキメデスの足跡をたどるガリレイ
天空の秘密と結婚の秘密―ケプラーが星から読み取ったこと
真理探究の同行者―ガリレイ、ひそかなコペルニクス信奉者
「ガリレイ、勇気を持って、打って出てください!」―人食い鮫のような科学者たちとケプラー)
第3部 天国と地獄のあいだ(頭の中の曲線―ケプラーはどのようにして惑星の法則を発見したか
誰にも止められない出世―権力の中心のガリレイ
底なしの淵のほとりで―ケプラーの運命の年
ケプラー宛ての最後の手紙―コペルニクスを不可とする教会の決定とガリレイ
不吉な彗星―戦争のさなかに。ケプラーのガリレイ批判
切り裂かれた空―ガリレイ裁判と近代的な世界像の成立)

著者紹介

デ・パドヴァ,トーマス (デパドヴァ,トーマス)   de Padova,Thomas
1965年、ドイツのライン河畔の町ノイヴィートに生まれ、ボンとボローニャの大学で物理学と天文学を学ぶ。ジャーナリストとしては、ベルリンの新聞『ターゲスシュピーゲル』に科学記事をわかりやすく書くことから出発。現在はドイツ物理学会事務局などに所属。オーストリア文部教育省による「最良の科学書2010」の「自然科学・技術部門」の第1位に選出された
藤川 芳朗 (フジカワ ヨシロウ)  
1944年生。東京都立大学大学院修了。ドイツ文学専攻。横浜市立大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)