• 本

虎と月

文春文庫 や54−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2014年1月
ISBNコード 978-4-16-790011-3
4-16-790011-4
税込価格 594円
頁数・縦 237P 16cm

商品内容

要旨

父は虎になった。幼いぼくと母を残して。いつかは、ぼくも虎になるのだろうか…。父の変身の真相を探るため、少年は都へと旅に出た。行く先々で見聞きするすべてが謎解きの伏線。ラストの鮮やかなどんでん返し!中島敦の名作「山月記」を、大胆な解釈で生まれ変わらせた、新感覚ミステリ。

著者紹介

柳 広司 (ヤナギ コウジ)  
1967年生まれ。2001年『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で朝日新人文学賞受賞。2009年『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞をダブル受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)