• 本

現代日本における労働世界の構図 もうひとつの働き方を展望するために

出版社名 旬報社
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-8451-1335-4
4-8451-1335-X
税込価格 5,500円
頁数・縦 275P 22cm

商品内容

要旨

本書では、「働く」ということを、現実の多様な展開のなかに位置づけ、時にはその根本にも遡りながら、さまざまな角度や視点から考える。第1部では、1990年代中葉以降に現れた労働の世界の変容を、主に新自由主義の改革と「企業社会」との関連を念頭に置きながら描き出し、第2部では、生活保護受給者や若者を対象とした自治体の自立・就労支援の実態を明らかにしながら、「働く」ことをめぐる新たな問題状況を迫る

目次

第1部 新自由主義の改革と労働世界の変容(現代社会と労働をめぐって
現代日本における労働世界の構図
変容する「企業社会」と労働
「企業社会」の変容と女性の労働
再審される成果主義賃金)
第2部 就労支援ともうひとつの働き方の模索(自立支援、「中間的就労」そして働くということ
自治体による就労支援のさまざまなかたち
若者の自立と就労支援の課題)

著者紹介

高橋 祐吉 (タカハシ ユウキチ)  
1947年に埼玉で生まれ、その後福島市で育つ。1970年東京大学経済学部卒業。(財)労働科学研究所研究員を経て現在専修大学経済学部教員。研究分野は労働経済論、研究テーマは現代日本における労働市場、賃金、労使関係の構造(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)