• 本

自閉症スペクトラムとは何か ひとの「関わり」の謎に挑む

ちくま新書 1053

出版社名 筑摩書房
出版年月 2014年1月
ISBNコード 978-4-480-06749-4
4-480-06749-3
税込価格 858円
頁数・縦 230P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

自閉症とは、人との「関わり」に困難さを抱える発達障害である。対人コミュニケーションの困難さと、強いこだわりとを特徴とする「社会的な病理」だ。本書は社会脳の研究者が、その最先端の状況をあぶりだす。自閉症とはなにか。その障害(ハードル)とはどのようなものか。人との「関わり」をどう処理しているのか。診断・遺伝・発達・社会・脳と心といった側面から、その内実を明晰に説く。

目次

第1章 発達障害とは何か
第2章 自閉症スペクトラム障害とは何か
第3章 自閉症はなぜ起こる?
第4章 自閉症者の心の働き1―他者との関わり
第5章 自閉症者の心の働き2―こだわりと才能
第6章 自閉症を脳に問う
第7章 発達からみる自閉症
第8章 社会との関わりからみる自閉症
第9章 自閉症という「鏡」に映るもの
第10章 個性と発達障害

著者紹介

千住 淳 (センジュウ アツシ)  
1976年長崎県生まれ。ロンドン大学バークベックカレッジリサーチフェロー。東京大学大学院総合文化研究科修了。博士(学術)取得。専門は発達社会神経科学。東京大学総長賞、日本心理学会国際賞奨励賞、英国心理学会ニールオコナー賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)