• 本

生活保障のガバナンス ジェンダーとお金の流れで読み解く

出版社名 有斐閣
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-641-17394-1
4-641-17394-X
税込価格 4,070円
頁数・縦 441P 22cm

商品内容

要旨

詳細なデータを駆使し、一九八〇年代以降の生活保障システムを分析。貧困や地域格差といった偏ったお金の流れが、ジェンダーと深くかかわることを明らかにし、現代日本の社会・経済の脆弱性を浮き彫りにする。誰もが社会で認められ、働き、所得を得て、暮らし続けていくことができる、包摂社会への視座を与える力作。

目次

序論 危機や災害に脆い社会
第1章 所得の格差・動態にかんするデータ―ミクロとマクロ
第2章 生活保障システムというアプローチ
第3章 福祉レジーム論をふりかえる
第4章 生活保障システムの3類型と日本
第5章 「失われた20年」のガバナンスの推移
第6章 「失われた20年」の始まり―1990年代のガバニング
第7章 小泉改革とはなんだったか―2000年代のガバニング
第8章 生活保障システムの比較ガバナンス―2000年代の日本の座標
終章 グッド・ガバナンスに向けて

出版社
商品紹介

生活保障システムを詳細なデータを基に分析。貧困や地域格差等偏ったお金の流れに注目して日本社会・経済の脆弱性を照らしだす。

著者紹介

大沢 真理 (オオサワ マリ)  
東京大学社会科学研究所教授。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。経済学博士(東京大学)、専攻は社会政策の比較ジェンダー分析。日本学術会議会員。ベルリン自由大学、ボッフム大学、アジア工科大学院大学、ハンザ先端研究所などで客員を務める。東京大学社会科学研究所全所的プロジェクト研究「ガバナンスを問い直す」リーダー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)