• 本

遊動論 柳田国男と山人

文春新書 953

出版社名 文藝春秋
出版年月 2014年1月
ISBNコード 978-4-16-660953-6
4-16-660953-X
税込価格 880円
頁数・縦 213P 18cm

商品内容

要旨

民俗学者・柳田国男は「山人」を捨て、「常民」に向かったといわれるが、そうではない。「山人」を通して、国家と資本を乗り越える「来たるべき社会」を生涯にわたって追い求めていた。「遊動性」という概念を軸に、その可能性の中心に迫った画期的論考。

目次

第1章 戦後の柳田国男(戦中から戦後へ
柳田の敗北
農民=常民の消滅
非常民論)
第2章 山人(近代と近代以前
農政学
焼畑狩猟民の社会)
第3章 実験の史学(供養としての民俗学
山人と島人
公民の民俗学
オオカミと「小さき者」)
第4章 固有信仰(新古学
固有信仰
祖霊信仰と双系制
「場」としての家
折口信夫と柳田国男
固有信仰と未来)
付論 二種類の遊動性(遊動的狩猟採集民
定住革命
二種類のノマド
柳田国男)

出版社・メーカーコメント

「私は柳田論を仕上げることをずっと待ち望んでいた」(「あとがき」より) 既成の柳田論を刷新する衝撃の論考が出現した。柳田国男は「山人」の研究を放棄し、「常民」=定住農民を中心とした「民俗学」の探求に向かった。柳田は長らくそのように批判されてきた。本書は、その「通説」を鮮やかに覆し、柳田が「山人」「一国民俗学」「固有信仰」など、対象を変えながらも、一貫して国家と資本を乗り越える社会変革の可能性を探求していたことを示す。

著者紹介

柄谷 行人 (カラタニ コウジン)  
1941年、兵庫県生まれ。哲学者。69年、「“意識”と“自然”―漱石試論」で群像新人文学賞(評論部門)を受賞しデビュー。文芸批評から出発しながらも、マルクス、カントなどを論じ、その枠に収まらない根源的思考を展開してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)