• 本

町工場のものづくり 生きて、働いて、考える

ちしきのもり

出版社名 少年写真新聞社
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-87981-486-9
4-87981-486-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 141P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

文学賞情報

2015年 第62回 産経児童出版文化賞受賞

要旨

みなさんは「ものづくり」という言葉を聞いたことがありますか?日本人は「ものづくり」が大変上手で、世界中が驚くようなものをたくさんつくっています。どうしたらそんなにすごいものをつくれるのでしょうか?「ものづくり」の現場をのぞいてみましょう。

目次

第1章 世界が驚く日本のものづくり(惑星探査機はやぶさの成功
町工場―縁の下の力持ち
新幹線も瀬戸大橋も
痛くない注射針
目の不自由な人でも絵が描ける筆ペンとは)
第2章 わたしの修業時代(雑用という名の仕事はない
おれとお前の髪の毛、どっちが太いか
「機械にニンベンをつけろ」とは
第二の修業、鉄から学ぶ)
第3章 一流のものづくりから学ぶ(だれのためのスプーンか
あっと驚く缶のふた
砲丸の不思議)
第4章 働く人の心と暮らし(腕さえよければいいのか
ロボットにはなるまい
楽な仕事と楽しい仕事)
第5章 これからの日本を生きる君たちへ(働きかたを変える
名工たちから学ぶこと)

著者紹介

小関 智弘 (コセキ トモヒロ)  
1933年、東京生まれ。高校卒業後、大田区内の複数の町工場で50年間余り旋盤工として働きながら、1975年、『粋な旋盤工』で作家デビュー。以降、ものづくりの現場で生きる人びとの人間模様を描いた作品を次つぎと発表。1981年には『大森界隈職人往来』で日本ノンフィクション大賞、2004年には『職人学』で日経BPビズテック図書賞を受賞。また、2003年には、科学技術普及啓発の功績で文部科学大臣賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)