• 本

黄昏の岸暁の天(そら)

新潮文庫 お−37−61 十二国記

出版社名 新潮社
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-10-124061-9
4-10-124061-2
税込価格 781円
頁数・縦 478P 16cm

商品内容

要旨

驍宗が玉座に就いて半年、戴国は疾風の勢いで再興に向かう。しかし反乱鎮圧に赴いた王は戻らず、届いた凶報に衝撃を受けた泰麒も忽然と姿を消した。王と麒麟を失い、荒廃へと向かう国を案じる将軍は、命を賭して慶国を訪れ、援助を求める。戴国を救いたい―景王陽子の願いに諸国の麒麟たちが集う。はたして泰麒の行方は。

著者紹介

小野 不由美 (オノ フユミ)  
大分県中津生れ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。「東京異聞」が1993(平成5)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼ぶ。2013年、『残穢』で山本周五郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)