• 本

シリーズ大学 7

対話の向こうの大学像

出版社名 岩波書店
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-00-028617-6
4-00-028617-X
税込価格 2,420円
頁数・縦 280P 20cm
シリーズ名 シリーズ大学

商品内容

要旨

大学は変わらなければならない、しかし一体どんな方向に?「開かれた大学論」のために設定した当シリーズ最終巻では、大学という組織の特性と歴史を踏まえつつ、今後のありうべき大学像、知の変容と大学ランキング症候群のゆくえ、経済界が大学に望む教育と人材育成、行政による財政支援の論理と戦略といった重要テーマについて、研究者、財界人、現役財務官僚らと討論。各巻の論点を振り返りながら、シリーズ全体を総括する。増ページ・特別編集による最終巻。

目次

1(大学史から見た現代の大学―大学「教育」を捉え直すために
座談会・大学教育の「目的と手段」を再考する)
2(知の変容と大学
座談会・ランキング・シンドロームに翻弄される大学の戦略と展望)
3(産業界から見た大学―そして期待
座談会・エリート教育と、普通の人がクリエイティブに働ける教育の両立を)
4(一公僕から見た大学
座談会・大学を強くするための処方箋)
5(編集委員による討議・新しい「大学像」を鍛える―現実に立脚しつつ、理想を追求するために)

出版社
商品紹介

今後の大学像、知の変容、経済界の要望、行政による財政支援の論理についてゲストと討論し、シリーズを総括。

著者紹介

広田 照幸 (ヒロタ テルユキ)  
1959年生まれ。日本大学文理学部教授。教育社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)