• 本

茶花大事典 新版 上下巻 2巻セット

出版社名 淡交社
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-473-03887-6
4-473-03887-4
税込価格 22,000円
頁数・縦 27cm

商品内容

目次

上巻 一月〜六月
下巻 七月〜十二月

出版社
商品紹介

茶花約1,800種を収録。花入に入れられた茶花のすがたや実用に役立つページなども充実した、「茶花の大百科」ともいえる事典。〔特別定価〕本体16,000円+税(2014年5月31日まで)。

著者紹介

塚本 洋太郎 (ツカモト ヨウタロウ)  
明治45年‐平成17年(1912‐2005)朝鮮半島の大邱に生まれる。京都帝国大学農学部農学科卒業後、園芸学第一研究室に勤務し、大阪府立園芸学校教諭、大阪農業専門学校教授、浪速大学(現・大阪府立大学)教授を経て、昭和27年(1952)に京都大学教授。農学博士。退官後も京都大学名誉教授、南九州大学教授として数多くの研究業績を残し、後進の育成に尽力した。自身も欧米中心に海外調査を積極的に行ない、草花、花木、その他観賞植物を通して、花卉園芸学を学問的に体系化し、日本の植物ホルモンに関する研究業績においてはその分野での研究を国際レベルに高めた第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)