• 本

いま地震予知を問う 迫る南海トラフ巨大地震

出版社名 化学同人
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-7598-1567-2
4-7598-1567-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 215,15P 19cm

商品内容

要旨

地震予知の構造的矛盾に斬り込む警鐘の書。長年取材を続けてきた元科学記者が、地震予知の生々しい舞台裏と今後あるべき姿を示す!!

目次

第1章 地震予知バトル(仮想対談)激論・地震予知は可能か!?
第2章 地震予知は科学と言えるか
第3章 東海地震の予知と大震法のゆくえ
第4章 前兆現象の真偽は?
第5章 地震予知 とっておきの話
第6章 地震予知に賭けてもよいか
第7章 さあ今度は南海トラフ巨大地震
第8章 地震予知のゆくえ―未来を託すには

著者紹介

横山 裕道 (ヨコヤマ ヒロミチ)  
1944年仙台市生まれ。東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。1969年毎日新聞社入社。科学環境部長兼論説委員などを歴任し、2003年から淑徳大学国際コミュニケーション学部教授。2011年から客員教授。埼玉県和光市環境審議会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)