• 本

世界の果て、彼女

新しい韓国の文学 10

出版社名 クオン
出版年月 2014年3月
ISBNコード 978-4-904855-21-8
4-904855-21-3
税込価格 2,750円
頁数・縦 281P 19cm

商品内容

要旨

図書館で目にした1編の詩から、「僕」はその詩人の人生を通して愛を語ることになり、生と死を見つめる。―「世界の果て、彼女」思春期の暴走、家族や仕事からの逃避行、失った恋、失踪した父親に対する愛憎。恋人、夫婦、家族の関わり方に悩む人たちがいる。ここに登場する人たちは、さまざまな形で現れる他者との出会いによって、自分自身を見いだしていく。人と人は理解し合えるのか、と問う物語の中で。

出版社
商品紹介

ある青年が図書館に貼ってある詩を読むことから始まる恋愛ストーリー。韓国若手作家キム・ヨンスの7つの短編集。

著者紹介

キム ヨンス (キム ヨンス)  
金衍洙。1970年、慶尚北道生まれ。成均館大学英文科卒。93年、「文学世界」で詩人としてデビュー。翌年に長編小説「仮面を指して歩く」を発表し、高く評価されて小説家に転じる。『グッバイ、李箱』で東西文学賞(2001年)、『僕がまだ子どもの頃』で東仁文学賞(2003年)、『私は幽霊作家です』で大山文学賞(2005年)、短編小説「月に行ったコメディアン」で黄順元文学賞(2007年)を受賞し、新時代の作家として注目されてきた。2009年「散歩する人々の五つの楽しみ」で韓国で最も権威ある李箱文学賞を受賞
呉 永雅 (オ ヨンア)  
1973年、静岡県生まれ。慶應義塾大学、延世大学国際大学院、梨花女子大通訳翻訳大学院卒、同大学院博士課程修了。梨花女子大通訳翻訳大学院、韓国文学翻訳院講師。「隙間」(イ・ヘギョン著)で韓国文学翻訳賞受賞(2007年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)