• 本

一日一生 続

朝日新書 451

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2014年3月
ISBNコード 978-4-02-273551-5
4-02-273551-1
税込価格 836円
頁数・縦 217P 18cm
シリーズ名 一日一生

商品内容

要旨

地球一周分を歩く千日回峰行を二度成し遂げ、二〇一三年九月に八七歳で逝去―「現代の生き仏」「稀代の行者」と称された酒井雄哉・大阿闍梨が最後に語り尽くす「生老病死」の真の意味。

目次

第1章 一日一生
第2章 生
第3章 老
第4章 病
第5章 死
逝去三日前、酒井雄哉師の「最期の言葉」

出版社・メーカーコメント

「寺ですることだけが修行ではないよ。誰にとっても、生きていることが修行なんだな」「今日失敗したからって、へなへなすることない、落ち込むこともない、明日はまた新しい人生が生まれてくるじゃない」比叡山の峰々を1000日かけて約4万キロ歩く「千日回峰行」を2度も満行し、2013年9月に87歳で逝去した酒井雄哉・天台宗大阿闍梨。行者としての体験から得た人生の意味や生きる姿勢を、平易に、慈雨のような言葉で説く。累計16万部を超えるベストセラーとなり、多くの人々の心を癒した『一日一生』の第2弾。亡くなる3日前、大阿闍梨が遺した「最期の言葉」は――「人間って、なにか持っているつもりでいて、なにも持っていないんだな……」

著者紹介

酒井 雄哉 (サカイ ユウサイ)  
比叡山飯室谷不動堂長寿院住職。1926年、大阪府生まれ。太平洋戦争時、予科練へ志願し特攻隊基地・鹿屋で終戦。戦後、職を転々とするがうまくいかず、縁あって小寺文頴師に師事し、65年に得度。約7年かけて約4万キロを歩く荒行「千日回峰行」を80年、87年の2度満行した。2013年9月23日、87歳で逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)