• 本

ルーズヴェルト・ゲーム

講談社文庫 い85−14

出版社名 講談社
出版年月 2014年3月
ISBNコード 978-4-06-277795-7
4-06-277795-9
税込価格 880円
頁数・縦 497P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • さすが池井戸潤と言わせる出来!

    ドラマも始まり売行きも好調だ、原作と映像ではかなり違っているので読んでからTVを見てもOKです。泥臭さのある著ですが読み出したら鷲掴みにされてしまうさすが池井戸さんの作品です。「倍返し」とまでは行きませんがサラリーマンの方にはぜひとも読んで欲しい1冊です。

    (2014年5月8日)

商品内容

要旨

大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが―社長が、選手が、監督が、技術者が、それぞれの人生とプライドをかけて挑む奇跡の大逆転とは。

著者紹介

池井戸 潤 (イケイド ジュン)  
1963年、岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。1998年、『果つる底なき』(講談社文庫)で第44回江戸川乱歩賞、2010年、『鉄の骨』(講談社文庫)で第31回吉川英治文学新人賞、2011年、『下町ロケット』(小学館文庫)で第145回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)