• 本

東南アジア大陸部山地民の歴史と文化

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所歴史・民俗叢書 9

出版社名 言叢社
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-86209-050-8
4-86209-050-8
税込価格 3,960円
頁数・縦 322,27P 22cm

商品内容

要旨

中国雲南省からタイ、ラオス、ミャンマーにわたる国境地帯。そこでは中国および東南アジアの王朝国家の影響を受けつつ、幾つもの「盆地国家」が生まれ、その版図に接する山地民(民族)の諸文化との交錯が、この地域の歴史・文化をつくってきた。いまなお古代的様相さえうかがえる諸民族・諸集団の政治的霊威、暮らしのダイナミズムをとらえる総合的な調査・研究報告書。国境なき山地民の暮らしから、「地域」の歴史と文化をみる。

目次

変わる山地民の歴史像(山地民から見た国家と権力―ラフの例から
ラワ‐タイ関係をめぐるナラティブとメタ・ナラティブ
雲南西南部タイ人政権における山地民の役割―一七九二年〜一八三六年ムン・コーンにおける国内紛争から読み取れる史像
「周縁」からみた仏教史―シャン州仏教史の試み
山地民にとっての文字―中国雲南省ワ族の事例から)
家族の歴史(タイにおけるユーミエンの家族構成の社会史―合同家族から核家族へ
タイ文化圏における低人口増加率の検討―一九七一年から二〇〇六年におけるラオス北部の一村の経験から)
農耕の技術(山地民としてのタイTay―ラオスにおける生産技術の諸相から)