• 本

Dr.コトー診療所 13

小学館文庫 やG−20

出版社名 小学館
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-09-196283-6
4-09-196283-1
税込価格 817円
頁数・縦 341P 16cm
シリーズ名 Dr.コトー診療所

出版社・メーカーコメント

“生きること”を問い続ける離島医療物語 Dr.コトーこと五島健助のプロポーズを断って、彼の右腕として働いていた看護師・星野彩佳が古志木島を去っていった。彼女の代わりにやってきたのが、若い看護師・仲依ミナ、通称・ミナチン。すっとんきょうなキャラながらも、独特の愛嬌で島の診療所にとけ込みつつあった。その頃、コトーとともに星野の乳癌のオペをこなした江葉都医師が、因縁深き外科医・鳴海慧を、自分の患者としてある離島の診療所へ連れていく。その島は亡き三上新一医師が働いていた所。そこで、三上と鳴海が瓜二つである理由が明らかになってゆく。一方、ある日古志木島に一人の男が現れるが、ミナチンは彼を見るなり硬直し、笑顔をなくしてしまう。じつは二人の間には、想像を絶するような過去があったのだ。それぞれが抱えた心の傷を、はたしてコトーは癒やすことができるのか…!?