• 本

これでわかったビットコイン 生きのこる通貨の条件

出版社名 太郎次郎社エディタス
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-8118-0772-0
4-8118-0772-3
税込価格 1,100円
頁数・縦 95P 21cm

商品内容

要旨

欠陥通貨?それともイノベーション?国の管理を超える大きな可能性から、その広がりが招く意外な陥穽まで、デジタル通貨の専門家が答える。

目次

入門編(だれが発行しているの?
値段の上下はどうやって決まるの? ほか)
使い方編(BTCはどうやって入手する?
“マイナー”(採掘アプリ)で参加する ほか)
そもそも編(「貨幣」はすべて仮想のもの
「貨幣」はどのようにして生まれるか ほか)
しくみ編(基礎技術「ハッシュ値」
デジタル署名とその使われ方 ほか)

著者紹介

斉藤 賢爾 (サイトウ ケンジ)  
1964年生まれ。「インターネットと社会」の研究者。日立ソフト(現日立ソリューションズ)などにエンジニアとして勤めたのち、2000年より慶應義塾大学SFCへ。2003年、地域通貨「WATシステム」をP2Pデジタル通貨として電子化し、2006年、博士論文「i‐WAT:インターネット・ワットシステム―信用を維持し、ピア間のバータ取引を容易にするアーキテクチャ」を発表。現在は「人間不在とならないデジタル通貨」の開発と実用化がおもな研究テーマ。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。一般社団法人アカデミーキャンプ代表理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)