• 本

作曲のための8の極意

出版社名 ヤマハミュージックメディア
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-636-90132-0
4-636-90132-0
税込価格 1,870円
頁数・縦 166P 21cm

商品内容

要旨

数々のヒットを生み出した作曲家、アーティスト、プロデューサーがここまで明かした!作曲を志すすべての人に贈る、曲作りのテクニック。

目次

上松範康(Elements Garden)―「到達点」を思い描きそこから逆算して曲を作る
Ikoman―リスナーが思わず口ずさみたくなる「憶えやすさ」が愛される曲を作る決め手
koyori(電ポルP)―欲求を素直に吐き出してみる
和泉一弥―名曲には必ず、曲全体を集約する意図をもったパートが存在する
片平里菜―できないときは、できないなりにもがき続ける
光田康典―伝わる曲を書くにはテーマをしっかり見つめること
秋山公良―「メロディが浮かばない」人はコードの響きを体感しながら曲を作ってみる
笹路正徳―メロディは生もの。それが生まれる環境を整え、出すべき瞬間にしっかりと出す

出版社・メーカーコメント

商品の説明 数々のヒットを生み出した作曲家、アーティスト、プロデューサーがここまで明かした! 作曲を志すすべての人に贈る曲作りのテクニック。 自分だけの曲を自ら生み出すのはとても魅力的な試みです。 しかし、ゼロから始めるのであれば、何から手をつけていいのかわからないという方も多いと思います。 では実際に、作曲とはどのように行うのが良いのでしょうか? 本を読んでも必ずしも良い曲が作れるとは限りません。それは10人いれば10人が違う考えを持っているのと同じように、誰もが、本来まったく違った作曲法を持っていて、曲作りへの最適なアプローチが異なるからです。 本書では、各界の第一線で作曲に携わっている8人のアーティストや作曲家などに、それぞれの最適なアプローチを伺っています。 メロディの作り方から作曲のための練習法、アイデアの生み出し方など、それぞれの方が確立した方法論には、作曲を志す方にとってのヒントが詰まっているはず。 本書を参考に、ぜひ曲作りへの第一歩を踏み出してください。 ●上松 範康 作詞・作曲家(Elements Garden) ●Ikoman 音楽プロデューサー ●Koyori(電ポルP) ボカロP ●和泉一弥 作曲・編曲家 ●片平里菜 シンガーソングライター ●光田康典 作曲家 ●秋山公良 ギタリスト、編曲家 ●笹路正徳 音楽プロデューサー