• 本

黒字化せよ! 出向社長最後の勝負 万年赤字会社は、なぜ10カ月で生まれ変わったのか

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-478-02658-8
4-478-02658-0
税込価格 1,728円
頁数・縦 299P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

サラリーマン人生を問題企業の黒字化プロジェクトに賭けた男の物語。実話をもとにした迫真のストーリーと詳細な解説で、マネジメントの本質を学ぶ!

目次

プロローグ 出向内示―黒字化せよ、さもなくば清算だ
第1章 赴任(7月)―あきらめきった無気力な社員たち
第2章 「オレがやる、協力する、明るくする」(8月)―改革が始まる
第3章 本音のコミュニケーションとストローク(9月)―社員の士気を高める方法
第4章 会社は社員とその家族の幸せのためにある(10月)―沢井社長の経営哲学
第5章 がむしゃらに頑張って何トンできる?(11月)―瞬間最大風速をつかめ!
第6章 赤字の正体(12月)―絶望の先に答えがある
第7章 新しい年、新しい社章(1月)―三か年計画の発表
第8章 ベテラン社員、ついに動く(2月)―組織が生まれ変わるとき
第9章 月産200トン体制に向けて(3月)―人が燃え、組織が動く
第10章 黒字浮上(4月)―人はみな能力を秘めている
エピローグ 黒字達成までをふり返る―同時並行多面作戦の展開

著者紹介

猿谷 雅治 (サルヤ マサハル)  
1952年東京大学経済学部卒業。住友金属鉱山(株)入社。経理、人事、組織、社長室のほか、事業部総務部長、関係会社出向などを経て1981年取締役就任。1984年常務取締役企画管理本部長。1993年富士短期大学教授。1996年富士短期大学副学長を経て富士短期大学経営研究所教授。1998年没
五十嵐 英憲 (イガラシ ヒデノリ)  
1969年早稲田大学商学部卒業。資生堂、リクルートを経て、教育コンサルタントとして独立。現在、五十嵐コンサルタント(株)代表取締役。(株)自己啓発協会インストラクター。専門分野は業績向上と働きがいを促進するMBO‐S(目標管理)研修、マネジメント・システムの構築支援(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)