• 本

タルト・タタンの夢

創元推理文庫 Mこ1−4

出版社名 東京創元社
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-488-42704-7
4-488-42704-9
税込価格 770円
頁数・縦 253P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • すてきな料理の数々と、そこに絡んだ謎解きを堪能できる短編集が待望の文庫化です。普段は寡黙なシェフが時折見せる鋭い洞察力で、不可解な出来事に秘められた、人々の想いを解き明かしてくれます。従業員4名というお店の小ささが、どこか家庭的で心地よく、登場する料理のどれもがとても美味しそう。どのような味か想像しながら読むのも楽しいです。小さな店内を舞台としているので展開がつかみやすく、テンポの速さと相まってすらすらと読み進んでいけます。続編が単行本で出版されていますので、そちらもぜひどうぞ。

    (2014年7月4日)

  • 美味しさと温かさの満ちた短編集

     身の回りで起こったささやかなでもちょっと不思議な出来事を、安楽椅子探偵よろしくシェフ三舟が鮮やかに解き明かしてくれます。どの短編もスッと読めて、じんわり温かい気持ちになれるお話ばかり。
     また、登場する料理はどれも美味しそうで、パ・マルが身近にあれば、と思わずにはいられません。
     「ミステリ」と身構えず、シェフ三舟の推理を一口味わうつもりで楽しんでください。

    (2014年6月5日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

商店街の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。シェフ三舟の料理は、気取らない、本当のフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな彼が、客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎をあざやかに解く。常連の西田さんが体調を崩したわけは?フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか?絶品料理の数々と極上のミステリ。

出版社・メーカーコメント

商店街の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。シェフ三舟の料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな彼が、客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎をあざやかに解く。常連の西田さんが体調を崩したわけは? フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか? 絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ! 解説=三橋暁

著者紹介

近藤 史恵 (コンドウ フミエ)  
1969年大阪市生まれ。大阪芸術大学文藝科卒業。1993年、『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞してデビュー。2008年に『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)