• 本

残る虫 百姓米蔵仇討ち千里

宝島社文庫 Cあ−16−1

出版社名 宝島社
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-8002-0683-1
4-8002-0683-9
税込価格 626円
頁数・縦 277P 16cm

商品内容

要旨

幼馴染に父親を殺され、御法度の仇討ちをすべく、村を抜けて旅に出た米蔵。たどり着いた奈木という村で、秘密裏に行われている賭博の手伝いをしながら糊口をしのぐ。やがて吉という青年と親しくなるが、ある日、吉は急死する。そして吉の死をきっかけに、米蔵は村に隠された密事に巻き込まれていく。米蔵は本来の目的を見失い、無明の闇を彷徨う…。村の秘密とは?米蔵の仇討ちは叶うのか。

著者紹介

天田 式 (アマダ シキ)  
1955年生まれ。2003年、式田ティエン名義の『沈む さかな』で第1回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞を受賞しデビュー。天田式名義では、『残る虫―百姓米蔵仇討ち千里』が初長編になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)