• 本

呪いの時代

新潮文庫 う−22−1

出版社名 新潮社
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-10-126061-7
4-10-126061-3
税込価格 693円
頁数・縦 339P 16cm

商品内容

要旨

「私には言いたいこと、言わねばならぬことがある」―哲学者レヴィナスの言葉を反芻するように、内田樹は「呪詛の時代」と真正面から向き合い、生き抜く叡智を語り続ける。アイデンティティーの崩壊、政治の危機、対米戦略、ネット社会の病理そして未曾有の震災…。注目の思想家・武道家が、身体に即して問い他者への祝福を鍵に現代を論じる、今を生きる人びとへの贈り物。

目次

1 日本のことを考える(呪いの時代
「祝福」の言葉について
「後手」に回る日本
英語が要らない奇跡の国
「婚活」と他者との共生
「草食系男子」とは何だったのか
『日本辺境論』を超えて
これからを生き延びる智恵
神の言葉に聴き従うもの)
2 未曾有の震災の後に(荒ぶる神を鎮める
戦争世代と科学について)

出版社・メーカーコメント

「私には言いたいこと、言わねばならぬことがある」――哲学者レヴィナスの言葉を反芻するように、内田樹は「呪詛の時代」と真正面から向き合い、生き抜く叡智を語り続ける。アイデンティティーの崩壊、政治の危機、対米戦略、ネット社会の病理、そして未曾有の震災・・・・・・。注目の思想家・武道家が、身体に即して問い、他者への祝福を鍵に現代を論じる、今を生きる人びとへの贈り物。

著者紹介

内田 樹 (ウチダ タツル)  
1950(昭和25)年、東京生れ。神戸女学院大学名誉教授。武道家、多田塾甲南合気会師範。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。『私家版・ユダヤ文化論』で小林秀雄賞、『日本辺境論』で新書大賞受賞。著作活動全般に対して伊丹十三賞受賞。神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)