• 本

生命誕生 地球史から読み解く新しい生命像

講談社現代新書 2262

出版社名 講談社
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-06-288262-0
4-06-288262-0
税込価格 1,012円
頁数・縦 318P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

文学賞情報

2014年 第12回 パピルス賞受賞

要旨

読み始めたら止まらない46億年の時空をめぐる壮大なサイエンスドラマ。

目次

第1章 ダイナミックに流動する地球
第2章 なぜ生命が発生したのか、なぜ生物は進化するのか?
第3章 “究極の祖先”とは?―化石の証拠と遺伝子分析
第4章 有機分子の起源―従来説と原始地球史概説
第5章 有機分子の起源とその自然選択
第6章 アミノ酸からタンパク質へ―分子から高分子への進化
第7章 分子進化の最終段階―個体、代謝、遺伝の発生
第8章 生命は地下で発生して、海洋に出て適応放散した!

出版社・メーカーコメント

「生命はなぜ生まれ、なぜ進化し続けるのか?」生命科学最大の謎を初めて解き明かしたサイエンスミステリーの傑作。一気読み必至! 「生命の起源」は誰でも一度は抱く疑問で、その謎への挑戦は科学ロマンの一つである。ソビエト連邦の生化学者アレクサンドル・ I・ オパーリンの著書『生命の起源』(1924年)に始まる、生命の起源を探る研究は有機化学の一分野として確立し、タンパク質や核酸がどのような化学反応を経て“非生物的に”合成されたか、を探る研究が積み重ねられてきた。しかしながら、こうしたアプローチには「環境の変化と自然選択」という進化論の重要な視点が希薄であり、物理学、化学的にも説明のできない不十分なものだった。無機工学の専門家である著者は、生命の源となる分子の誕生には、地球に大量に飛来した隕石が深く関わっており、しかも、生命誕生のプロセスは海中ではなく、地中の奥底深くで行われた可能性が高いという。「生命はなぜ生まれ、なぜ進化し続けるのか?」。きわめて原初的な問いかけに対して、科学的かつ論理的に明晰に答えた、知的好奇心を刺激するエキサイティングな作品。

著者紹介

中沢 弘基 (ナカザワ ヒロモト)  
1940年長野市生まれ。物質・材料研究機構名誉フェロー。日本地球惑星科学連合フェロー。元東北大学大学院理学研究科教授、元無機材質研究所総合研究官、元日本粘土学会会長。主な受賞歴:日本結晶学会賞(1978年)、科学技術庁長官賞(1992年)、井上春成賞(1998年)、全国発明表彰発明賞(1999年)、産学官連携功労者表彰経団連会長賞(2006年)。褒章:紫綬褒章(X線導管を用いた走査型X線分析顕微鏡の発明)(2000年)。叙勲:瑞宝中綬章(2011年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)