• 本

自由への容易な道はない マンデラ初期政治論集

出版社名 青土社
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-7917-6788-5
4-7917-6788-8
税込価格 2,640円
頁数・縦 312,5P 20cm

商品内容

要旨

マンデラは単なる「平和主義者」「妥協の人」ではない。彼の根幹にいつもあったのは、ときに武装も辞さない強い意志と行動だった。

目次

第1部 アフリカ民族主義の流れ(自由への容易な道はない
幻の流砂)
第2部 アパルトヘイトのもとで生きる(人民が破壊されている
土地への渇望
扉は閉ざされている)
第3部 アパルトヘイトに対する戦い―私たちの戦術とかれらの戦術(私たちが生きている間に自由を
私たちの闘争には多くの戦術が必要である
フェルヴルトの部族主義
反逆罪)
第4部 地下からの抵抗(国民大会のための闘争
ゼネラル・ストライキ
地下からの手紙
銃に支配された土地)
第5部 裁判(白人の法廷に立つ黒人
リヴォニア裁判)

著者紹介

峯 陽一 (ミネ ヨウイチ)  
同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授。専攻はアフリカ地域研究、人間の安全保障研究
鈴木 隆洋 (スズキ タカヒロ)  
同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科博士後期課程。専攻は中東地域研究、政治経済学。京都大学大学院農学研究科修了後、自動車部品会社を経て現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)