• 本

英語的思考を読む 英語文章読本 2

出版社名 研究社
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-327-48162-9
4-327-48162-9
税込価格 2,310円
頁数・縦 213P 19cm

商品内容

要旨

サントリー学芸賞受賞の少壮気鋭が、ちょっと外した独自の視点から小説・批評・英訳聖書などのさまざまな素材を使って、英語の文章の考え方を解き明かす。英語の名言をユニークな切り口で解説したコラムも併録。ちょっと斜めから見えてくる英語の思考法。

目次

1 イノセント 心は言葉のどこにある?―オスカー・ワイルド「幸福な王子」
2 風刺 読んだふりの構造―ジョージ・オーウェル『一九八四年』
3 技巧 形容詞の時代―ジョン・アップダイク「殺す」
4 ヒーロー 主人公の資格―F・S・フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』
5 批評 難解さへの処方箋―T・S・エリオット「形而上派詩人」
6 議論 白か黒かで語る―レイモンド・ウィリアムズ『田舎と都会』
7 神 疑問文の神学―『ヨブ記』

出版社
商品紹介

サントリー学芸賞受賞の少壮の学者が、独自のちょっと外した視点から、小説・批評・英訳聖書など、様々な英語の文章の技を論じる。

著者紹介

阿部 公彦 (アベ マサヒコ)  
1966年、横浜市生まれ。東京大学文学部准教授。現代英米詩専攻。東京大学大学院修士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得。『文学を“凝視する”』(2012岩波書店)でサントリー学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)