• 本

ピアノを弾くための音楽の見方 アナリーゼから演奏表現まで

出版社名 ヤマハミュージックメディア
出版年月 2014年6月
ISBNコード 978-4-636-89998-6
4-636-89998-9
税込価格 1,836円
頁数・縦 123P 19cm

商品内容

要旨

音を出す前に知っておきたい、音楽を「読む」「聴く」「奏でる」3つの力を総合的に伸ばすために。

目次

1 音楽をよく読むために(楽譜と向き合う
楽譜をよく視る)
2 音をよく聴くために(音同士の関係を理解する
メロディを大切にする ほか)
3 ピアノを上手に奏でるために(曲の仕組みを把握する
ストーリーを演出する ほか)
4 指導のポイント(生徒の目的と目線を大切にする
ひとりよがりの演奏にしない ほか)

著者紹介

佐々木 邦雄 (ササキ クニオ)  
東京藝術大学作曲科卒業。大学在学中から劇団「薔薇座」音楽担当・東京コンセルヴァトアール尚美講師・ヤマハ音楽振興会国内/海外指導/出版部スタッフを歴任。東芝EMIレコーディングディレクターやユーキャン通信教育等にも関わる。音楽教室「ケー・エス・ミュージック」を主宰し、ソルフェージュ指導を中心に、作曲/理論/楽典/アナリーゼ/ピアノ演奏、伴奏付け/即興演奏/アンサンブル等の各レッスンを展開。指導した生徒のうち音高・音大へ進学した生徒は、最近の10年間で200名を超えている
佐々木 恵子 (ササキ ケイコ)  
東京藝術大学附属高校を経て、同大学ピアノ科卒業。毎日新聞社主催「第28回全日本学生音楽コンクール」中学生の部第1位。卒業後は数多くの演奏会に出演。音楽教室「ケー・エス・ミュージック」を主宰し、音高・音大生を中心に後進の指導を行う。毎年ピアノコンクール入賞者を多数輩出。ピティナでは毎年「指導者賞」を受賞。2008年、2009年は「特別指導者賞」を受賞。日本クラシック協会では「優秀指導者賞」を受賞。数多くのコンクールの審査員を務めるかたわら、公開レッスンや公開講座も全国各地で開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)