• 本

論集現代日本の教育史 6

戦争と教育

出版社名 日本図書センター
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-284-30644-7
4-284-30644-8
税込価格 6,380円
頁数・縦 587P 22cm

商品内容

要旨

「戦う人間」を形成・動員するための、一局面である“戦争”と“教育”の関係、その実相に迫る!教育改革/教員養成・教師論/幼児教育・障害児教育/子ども・家族/公共性・ナショナリズム/戦争/身体・メディア―。7つの現代的なアプローチから“教育”の枠組みを越境する!教育史研究と関連領域を接続する重要論考を精選した、新しいリーディングスの登場。

目次

1 「戦争と教育」研究の視座と方法(戦後教育史像の再構成
書評寺崎昌男・戦時下教育研究会編『総力戦体制と教育―皇国民「錬成」の理念と実践』
戦時期庶民の心情と論理―昭和戦時体制の担い手の分析
戦場動員
解題(『対訳 小学国語読本巻一〜巻六 地域教育史資料4』)
2 “戦力たり得る者”の序列化(十五年戦争期の静岡県における徴兵適齢者の諸相―文部省の壮丁教育調査をめぐって
戦争と女性
太平洋戦争期の青少年不良化問題
傷痍軍人小学校教員養成所の設立)
3 “献身”調達の諸相(異民族に対する軍事動員と皇民化政策―台湾の軍夫を中心にして
志願兵制度の展開とその意義―日中戦争段階における皇民化政策
動員と統制―日本軍政期のジャワにおけるイスラム宣撫工作について
「満蒙開拓青少年義勇軍」の変容(一九三八〜一九四一年)―「郷土部隊編成」導入の意義)
4 “尽忠報国”の現在(壮丁の思想/悪魔とその子孫
あとがき(『ボクラ少国民と戦争応援歌』(改訂版))
疎開学童として)

著者紹介

辻本 雅史 (ツジモト マサシ)  
1949年生まれ。現在、国立台湾大学日本語文学系教授、京都大学名誉教授
北村 嘉恵 (キタムラ カエ)  
1972年生まれ。現在、北海道大学大学院教育学研究院准教授
白取 道博 (シラトリ ミチヒロ)  
1958年生まれ。現在、横浜国立大学教育人間科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)