• 本

くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを

ヤマケイ文庫

出版社名 山と溪谷社
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-635-04779-1
4-635-04779-2
税込価格 1,078円
頁数・縦 296,16P 15cm

商品内容

要旨

他の多くの命をいただいている私たちが、自然に返せるものはウンコしかない。著者は、野糞をし続けて40年。日本全国津々浦々、果ては南米、ニュージーランドまで、命の危険も顧みず、自らのウンコを1万2000回以上、大地に埋め込んできた。迫り来る抱腹絶倒の試練。世界でもっとも本気にウンコとつきあう男のライフヒストリーを通して、ポスト・エコロジー時代への強烈な問題提起となる記念碑的奇書。

目次

夢は仙人
怒りの野糞
野糞率アップへの道のり
野糞の醍醐味
野糞とキノコの幸ウンな出会い
ネパールで学んだこと
究めればインド
伊沢流「正しい野糞法」
お尻で見る葉っぱ図鑑
消費されゆくキノコ
尻は野山を駆けめぐる
美は糞上にあり!
野糞率一〇〇%へ
千日行に挑む
襲いかかる試練
「糞土師」誕生
ウンコはいかにして土に還るか
ウンコに集う生きものたち
深まる野糞論議
トイレのない世界

著者紹介

伊沢 正名 (イザワ マサナ)  
1950年、茨城県に生まれる。中学、高校と進むうちにしだいに人間不信に陥り、高校中退。1970年より自然保護運動をはじめ、1975年から独学でキノコ写真家の道を歩む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)