• 本

日本を滅ぼすとんでもない電力自由化

出版社名 エネルギーフォーラム
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-88555-431-5
4-88555-431-4
税込価格 1,760円
頁数・縦 207P 19cm

商品内容

目次

第1章 何故、日本の電気事業が外資に乗っ取られるのか
第2章 ファンドなどの狙いは電力会社のネットワーク
第3章 無資源国・日本を資源国と単純に比較していないか
第4章 再生可能エネルギー買い取り制度の悪影響
第5章 原子力発電の国家と国民への貢献度
第6章 発送電分離をすれば電力自由化ができなくなる理由
第7章 危機感のない日本人が“あっ”と気付いた時

著者紹介

永野 芳宣 (ナガノ ヨシノブ)  
1931年、福岡県生まれ。1954年に横浜市立大学商学部卒業後、東京電力(株)入社。同社常務監査役、特別顧問、(財)政策科学研究所所長・副理事長、九州電力(株)エグゼクティブ・アドバイザーなどを経て、2005年より福岡大学法学部客員教授、2009年からは同大研究推進部客員教授、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)