• 本

病気にならない常識

出版社名 創英社/三省堂書店
出版年月 2014年6月
ISBNコード 978-4-88142-574-9
4-88142-574-9
税込価格 1,047円
頁数・縦 303P 18cm

商品内容

要旨

医学界の重鎮、免疫学の世界的権威が医療の世界の非常識に警鐘をならす驚きの常識!

目次

第1章 病気にならない常識
第2章 生命体の常識
第3章 がんにならない常識
第4章 心疾患、脳血管疾患にならない常識
第5章 糖尿病にならない常識
第6章 自己免疫疾患にならない常識
第7章 アレルギーにならない常識
第8章 痛み、体温の常識
第9章 ストレスの常識
第10章 病院、医者の常識

著者紹介

安保 徹 (アボ トオル)  
1947年、青森県東津軽郡に生まれる。医学博士。東北大学医学部卒業後、青森県立中央病院内科研修、東北大学歯学部助手、新潟大学医学部教授、新潟大学大学院医歯学総合研究科免疫学・医動物学教授を経て、新潟大学名誉教授。1980年アメリカ・アラバマ大学留学中に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製。1990年胸腺外分化T細胞を発見。1996年白血球の自由神経支配のメカニズムを世界で初めて解明。2000年マラリア感染の防御は胸腺外分化T細胞によって行われることを発見。これまで数々の重要な発見をし、学術英文論文は300報以上、国際的な場で精力的に研究結果を発表し続ける免疫学の世界的権威(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)