• 本

近代解析 復刊

出版社名 共立出版
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-320-11091-5
4-320-11091-9
税込価格 4,400円
頁数・縦 219,4P 22cm

商品内容

目次

Hilbert空間
凸集合、射影、Rieszの定理
Rieszの定理の応用(Lebesgue‐Nikodymの定理
再生核)
正規直交系
Gelfandの定理、強収束及び弱収束
Fourier変換、Plancherelの定理
ウニタリ作用素のスペクトル分解
対称作用素
自己共役作用素のスペクトル分解
固有値問題への応用〔ほか〕

出版社
商品紹介

近代解析の典型としてHilbert空間論と超関数の理論をわかりやすく解説した大学理工系学生の教科書および参考書。

出版社・メーカーコメント

近代解析の典型としてHilbert空間論と超関数の理論をわかりやすく解説した大学理工系学生の教科書および参考書。『基礎数学講座20 近代解析』として1956年初版発行後,1958年初版合本を発行,以来,長年にわたり多数の読者にご愛読いただいてまいりました。この度,多くの読者からの要望を受け単行本に改装し発行するものです。

著者紹介

吉田 耕作 (ヨシダ コウサク)  
1931年東京大学理学部卒業。東京大学名誉教授、京都大学名誉教授。理学博士。専攻は函数解析学、確率論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)