• 本

現代中国語訳の聖書 モリソン訳から改訂和合本聖書に至る翻訳史

出版社名 せせらぎ出版
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-88416-230-6
4-88416-230-7
税込価格 1,100円
頁数・縦 75P 19cm

商品内容

目次

第1章 中国語訳聖書の前史(初期の中国語訳聖書
訳文間の比較
その後のモリソン訳の改訂
モリソン訳の行われた背景
使用語彙についての観察)
第2章 『和合本聖書』の出版とその後(1919年『和合本聖書』出版に至る流れ
19世紀後半の歴史的背景
『和合本聖書』の翻訳出版
『新句読点和合本聖書』の出版
2010年『改訂和合本聖書(『Revised Chinese Union Version』、略称『RSUV』)完成』)
第3章 その他の聖書翻訳(『呂振中訳本』
『思高本聖書』(中国語『思高本聖経』)
『当代訳本』
『現代中文訳本』
『聖書新譯本』
『回復訳聖書』
『牧霊聖経』)
第4章 近年顕著な中国語聖書翻訳における英米の二つの流れ
資料編

著者紹介

沼野 治郎 (ヌマノ ジロウ)  
1941年(昭和16年)、中国上海に生まれる。1964年大阪外国語大学(現大阪大学)中国語科卒業。1974年から1976年までブリガムヤング大学(アメリカユタ州プロボ)に留学、言語学修士取得。MA論文はユージン・ナイダ、W.ワンダーリの聖書翻訳を含む翻訳の理論と実践について。1980〜1998年、徳山大学、1999〜2008年、広島国際学院大学英語担当教授(一時中国語、言語学を担当)。その間、メリーランド大学岩国センター(日本語)、山口大学、広島大学(ともに英語)で非常勤講師を務める。2009〜2011年中国黒竜江外国語学院(元ハルピン師範大学恒星学院)で日本語を教えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)