• 本

電子工作大図鑑 作ってきたえて能力アップ! コピー基板方式でユニバーサル基板もこわくない!

増補版

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-416-31433-3
4-416-31433-7
税込価格 1,980円
頁数・縦 383P 26cm
シリーズ名 電子工作大図鑑

商品内容

要旨

楽しみながら覚える電子工作入門書!技術者の第一歩は電子工作から始まる。ラジオ少年の頃に戻って夢中になる!

目次

コピー基板方式で、初めてでも失敗なく作れる LEDピカピカ装置
複雑な配線の処理法とアクリル工作の基礎を身に付ける 32ルーレット
オーロラのような不思議なヒカリ オーロライト
尾を引くサウンドイルミネーション サウンドライトニング
デジタルな数字表示サイコロ デジサイ
星のランクを勝手につける ファイブスター
リレーを使った早押し判定機 ボタンスマッシュ
光を受けて回る光のかざぐるま 光車
身体を使った楽器 フシギ〜サウンダー
楽しいアラーム音を奏でる ぴらりろサウンダー〔ほか〕

出版社
商品紹介

光る,動く,音の出る楽しい電子工作が,学びながら作れる電子工作作例集。62種類の作品に新作を加え,コピー基板方式を採用。

著者紹介

伊藤 尚未 (イトウ ナオミ)  
筑波大学在学中に第3回オムニアートコンテスト最優秀賞を最年少で受賞し、注目される。1987年の個展「展開」を皮切りに、さまざまなオブジェを世に問い、1993年名古屋国際ビエンナーレ・ARTEC’93のグランプリなど、国際的な賞を多数獲得。音や光を利用するための高い電子回路技術と工作技術が注目され、2001年より『子供の科学』誌で、電子工作記事の連載を開始。2010年より、フリーのメディアアーティストとして独立し、電子工作やおもちゃ作りなどのワークショップを展開するほか、大学の非常勤講師などを務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)