• 本

冤罪を生む構造 アメリカ雪冤事件の実証研究

出版社名 日本評論社
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-535-51929-9
4-535-51929-3
税込価格 6,050円
頁数・縦 422P 21cm

商品内容

要旨

DNA鑑定によって無実の罪を晴らした250人の事例を詳細に分析して、冤罪防止のための構造改革を提言する。

目次

第1章 はじめに
第2章 虚偽の自白
第3章 誤った目撃者
第4章 誤った科学的証拠
第5章 嘘をつくジェイルの情報提供者
第6章 有罪判決を言い渡してしまった裁判
第7章 救済手続の高い壁
第8章 雪冤に向けた闘い
第9章 刑事司法制度の改革

出版社
商品紹介

なぜ冤罪が発生するのか。アメリカでDNA鑑定によって無罪を勝ち取った250人の事例を実証して冤罪を生む構造を明らかにする。

著者紹介

ギャレット,ブランドン・L. (ギャレット,ブランドンL.)   Garrett,Brandon L.
1975年生まれ。1997年イェール大学卒業(哲学専攻)。2001年コロンビア大学ロースクール修了(J.D.)。2001年〜2002年第2巡回控訴裁判所にてロークラークとして勤務。2002年〜2005年ニューヨーク州にて弁護士として勤務。2005年バージニア大学ロースクール准教授。2010年バージニア大学ロースクール教授
笹倉 香奈 (ササクラ カナ)  
1978年生まれ。2000年東京大学法学部卒業。一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了後、日本学術振興会特別研究員、甲南大学法学部専任講師を経て、甲南大学法学部准教授。博士(法学)
豊崎 七絵 (トヨサキ ナナエ)  
1971年生まれ。1994年東北大学法学部卒業。東北大学大学院法学研究科博士課程前期2年の課程(修士課程)修了後、東北大学法学部・法学研究科助手、龍谷大学法学部助教授を経て、九州大学大学院法学研究院准教授。博士(法学)
本庄 武 (ホンジョウ タケシ)  
1972年生まれ。1996年一橋大学法学部卒業。一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了後、一橋大学大学院法学研究科専任講師、同准教授を経て、一橋大学大学院法学研究科教授。博士(法学)
徳永 光 (トクナガ ヒカル)  
1972年生まれ。1994年一橋大学法学部卒業。一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了後、甲南大学法学部准教授、獨協大学法科大学院准教授を経て、獨協大学法科大学院教授。博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)