• 本

黄金(きん)の烏

出版社名 文藝春秋
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-16-390095-7
4-16-390095-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 350P 20cm

商品内容

要旨

八咫烏の一族が支配する世界山内で、仙人蓋と呼ばれる危険な薬の被害が報告された。その行方を追って旅に出た、日嗣の御子たる若宮と郷長のぼんくら次男雪哉が、最北の地で発見したのは、何と村人達を襲い、喰らい尽くした大猿だった。生存者は小梅と名乗る少女がひとりだけ―。一体、この世界で何が起こっているというのだろう?

出版社
商品紹介

八咫烏が支配する「山内」を揺るがす危険な薬と人喰い大猿。その謎の解明に奮闘する世継ぎの若宮と元近習・雪也は危険を顧みず──。

著者紹介

阿部 智里 (アベ チサト)  
1991年群馬県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業。2012年『烏に単は似合わない』で松本清張賞を史上最年少受賞。14年早稲田大学大学院文学研究科に進学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)