• 本

異端児たちの決断 日立製作所川村改革の2000日

出版社名 日経BP社
出版年月 2014年8月
ISBNコード 978-4-8222-7789-5
4-8222-7789-5
税込価格 1,650円
頁数・縦 271P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

2009年3月期の決算で、国内製造業史上最大となる7873億円の最終赤字を計上した日立製作所。そんな崖っぷちの総合電機メーカーを救ったのは、本流から外れた“デッドヘッド(員数外)”の男たちだった。

目次

第1章 六十九歳の再登板
第2章 「不沈艦」の黄昏
第3章 裸になった経営陣
第4章 「御三家」の換骨奪胎
第5章 豪腕、中西宏明の凱旋
第6章 インフラ輸出の牽引車
第7章 グローバル化は隗より始めよ
第8章 日立の次代を担う者

著者紹介

小板橋 太郎 (コイタバシ タロウ)  
日本経済新聞社企業報道部デスク。1991年立教大学文学部史学科卒、日本経済新聞社入社。整理部、社会部、産業部記者、日経ビジネス編集委員などを経て現在、日経新聞企業報道部デスク。記者時代は自動車、ゲーム、エネルギー、電機、通信などの業界を担当した。1966年生まれ。東京都出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)