• 本

ワラをつかむ男

文春文庫 つ11−21

出版社名 文藝春秋
出版年月 2014年8月
ISBNコード 978-4-16-790166-0
4-16-790166-8
税込価格 572円
頁数・縦 223P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

「もうたくさんだ」と苦悩の生活に別れを告げ、新天地を神戸に求めて安らぎを夢見たものの、避けても払っても襲うトラブルの波。非力のツチヤ教授が小理屈、屁理屈、詭弁、曲論でどう立ち向かうのか?「最悪の事態」「女の断言」「問題ありません」「人間の価値」など、理屈と悲哀のユーモア・エッセイ!

目次

前の章(ダイエット理論の問題点
臨機応変健康法
最悪の事態
修正版アダムとイブ
恥を知る男
なぜ自信がもてるのか
女の断言 ほか)
後の章(もしこんな偏向報道があったら
夏の総決算
人間の価値
価値の決まり方
風邪の影響
万全の練習計画
中高年男の野望 ほか)
不の章(新年の日記
達観のいろいろ
子どものバドミントン
翻訳の限界
魔の二歳児
迷惑な単純さ
少ないものほどよく目立つ ほか)
覚の章(簡単にすませる確認
歩きにくい靴
自習室の出来事
結果こそすべて
魚釣りとは何か
走った日
驚きの携帯画面 ほか)

著者紹介

土屋 賢二 (ツチヤ ケンジ)  
1944年、岡山県は玉野市に生まれる。現在、お茶の水女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)