• 本

はなちゃんのみそ汁

文春文庫 や59−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2014年8月
ISBNコード 978-4-16-790169-1
4-16-790169-2
税込価格 638円
頁数・縦 262P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 毎朝、自分でお味噌汁を作る。
    それが5歳の娘が母と交わした約束。
    母はどんな思いで、娘は何を思い約束したのでしょう。
    5歳の子が毎朝毎朝お味噌汁を作るのは大変かもしれません。
    でも大好きなお母さんとの約束だからはなちゃんは頑張れるのです。
    はなちゃんがお味噌汁を一生懸命作っているのを、お母さんは嬉しそうに優しい眼差しで見守っているはずです。

    (2015年12月30日)

商品内容

要旨

「私はがんになった後に、ムスメを授かりました。だから、この子を残して、死ななければなりません」。33歳で逝った母が5歳の娘と交わした約束、それは「毎朝、自分でみそ汁をつくること」。だから、はなちゃんは毎朝、みそ汁をつくる。生きることは食べること。“生きる力”に心を揺さぶられる感動の記録。

目次

第1章 乳がんと結婚と
第2章 命がけであなたを産んだ
第3章 食べることは生きること
第4章 全身転移
第5章 「ママ、おっぱい、ちょきんて切られたの?」
第6章 遺していく娘との約束
第7章 最期の日々
第8章 はなちゃんのみそ汁

著者紹介

安武 信吾 (ヤスタケ シンゴ)  
1963年生まれ。福岡県出身。下関市立大学を卒業後、西日本新聞社入社。久留米総局、宗像支局、運動部などを経て、現在は地域づくり事業部。同社剣道部監督
安武 千恵 (ヤスタケ チエ)  
1975年生まれ。長崎県出身。福岡教育大学大学院修了後、小学校の音楽教師として勤務。がん闘病中にブログ『早寝早起き玄米生活』を綴る。2008年7月11日逝去
安武 はな (ヤスタケ ハナ)  
2003年生まれ。福岡県出身。「枕崎鰹節ジュニア大使」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)