• 本

海賊たちの黄金時代 アトランティック・ヒストリーの世界

MINERVA歴史・文化ライブラリー 24

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2014年8月
ISBNコード 978-4-623-07110-4
4-623-07110-3
税込価格 3,850円
頁数・縦 307,10P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

過酷な労働環境から抜け出すために海賊となり、権力に抵抗した近世大西洋世界の船乗りたち。本書は、不遇の立場に置かれた労働者や奴隷の声に耳を傾け、四大陸の相互連関を考究する「アトランティック・ヒストリー」の観点から、海賊たちの姿を鮮明に描き出す。虐げられてきた人々がいかに団結して苦境に立ち向かっていったのか。彼らの真実の物語を明らかにする歴史家レディカー渾身の書、待望の邦訳。

目次

第1章 二つの恐怖の物語
第2章 海賊行為の政治算術
第3章 海賊となる者
第4章 船上の新たなる統治
第5章 「水夫に公平な扱いを」
第6章 女海賊ボニーとリード
第7章 「奴らを世界から一掃せよ」
第8章 「死をものともせず」
終章 血と黄金

著者紹介

レディカー,マーカス (レディカー,マーカス)   Rediker,Marcus
歴史家・市民運動家。ペンシルヴェニア大学で博士号を取得し、現在、ピッツバーグ大学歴史学科の大西洋史(アトランティック・ヒストリー)特別教授。抑圧された環境に置かれた労働者階級こそが歴史を作り上げてきたとの信念に基づき、社会史研究において「下からの歴史」を実践。近世大西洋世界の船乗り・海賊・奴隷を扱った数々の著作で知られる。市民運動家として、人権や平和のための運動にも積極的に参加している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)