• 本

魂の商人石田梅岩が語ったこと ビジネスの極意と人生の知恵

出版社名 サンマーク出版
出版年月 2014年8月
ISBNコード 978-4-7631-3280-2
4-7631-3280-6
税込価格 1,870円
頁数・縦 222P 20cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

グローバリゼーションが進展するなか、あらゆる分野で旧来の欧米を中心とする価値観が支配的ではなくなってきている。ビジネスの領域においても、あらためて“日本的なもの”を見直す動きもみられる。本書が取り上げる石田梅岩という人物は、江戸時代に活躍した商人、学者・思想家である。彼が遺した「石門心学」という思想体系は、米国の宗教社会学者ロバート・N・ベラーにより、現代日本に資本主義経済が根づき、産業が成長する基盤をつくったと分析されている。本書では、ドラッカーより250年も早く経営の本質を説いたとされる梅岩の思想を、欧米の価値観と比較、あるいは現代社会と結びつけながら、わかりやすく解説している。著者はパートナーコンサルタンツ代表を務める経営コンサルタント。25年にわたり石田梅岩を研究、石門心学の普及に取り組んでいる。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2014年10月1日])

→情報工場SERENDIP×e−hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

江戸時代、こんなに“すごい人”がいた!ドラッカーより250年早く「経営」の本質を説き、ウェーバーより200年早く「経済倫理」をうたった。古くて新しい、「商人道」の教え。

目次

プロローグ 富への道を説いた“魂の商人”がいた
第1章 正直こそが、富をもたらす
第2章 勤勉こそが、安らぎをもたらす
第3章 倹約こそが、平和をもたらす
第4章 自立してこそ、強みを生かせる
第5章 天地自然に即して生きる
第6章 百年企業が、日本を強くする
エピローグ 日本よ、いまこそ“梅岩”に帰れ!

著者紹介

山岡 正義 (ヤマオカ マサヨシ)  
1947年兵庫県神戸市生まれ。中央大学卒業後、東京商工会議所において経営指導員として活動、1万人以上の経営者と交流する。現在、経営コンサルタントとして「人を生かす経営・人が生きる経営」をモットーに、経営を人の視点で見直すコンサルティングを展開している。パートナーコンサルタンツ代表。特定社会保険労務士。衛生工学衛生管理者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)