• 本

日本の海洋資源 なぜ、世界が目をつけるのか

祥伝社新書 382

出版社名 祥伝社
出版年月 2014年9月
ISBNコード 978-4-396-11382-7
4-396-11382-X
税込価格 864円
頁数・縦 248P 18cm

商品内容

要旨

日本の国土面積は世界61位、でも海洋面積は世界6位。その海は、世界でも例をみない水産資源、鉱物資源の宝庫。古来、日本は海を慈しみ、その恩恵を受けて経済や生活の基盤を整えてきた。ところが今日、水産物の消費は減り、水産・海運業界は時代の潮流から取り残され、凋落している。世界的な食糧危機、およびエネルギー問題と直面する中、今こそ日本はこの資源を、新たな視点から構築・整備し、再生・発展することが求められている。

目次

序章 海洋国家日本のサバイバル
第1章 激化する海洋資源争奪戦争
第2章 魚を脅かす海洋・河川環境の危機
第3章 崩壊の危機にある日本の海洋水産
第4章 期待がふくらむ海洋再生エネルギー
第5章 世界中が狙う海底鉱物資源
第6章 日本の海を再生させる社会的仕組み
終章 海洋の活用こそが、国土を守る

出版社・メーカーコメント

限りない「富」を、いかに活(い)かすか 他国に奪(と)られる前に、いま日本がなすべきこととは? 日本の国土面積は世界61位、でも海洋面積は世界6位。その海は、世界でも例をみない水産資源、鉱物資源の宝庫。日本は、ただの島国ではない。国土面積は世界61位でも、世界6位の海洋面積を誇る類(たぐ)いまれな島国なのだ。しかも、水産資源や海洋エネルギー・鉱物資源など、豊富な資源を備えた「海洋資源大国」なのである。すでに各国は、この資源を虎視眈々(こしたんたん)と狙っており、未来を見据えているが、当の日本人の意識は薄い。このままでは、日本の海は危(あや)うい……。【目次】 序 章 海洋国家日本のサバイバル 第一章 激化する海洋資源争奪戦争 第二章 魚を脅かす海洋・河川環境の危機 第三章 崩壊の危機にある海洋水産 第四章 期待がふくらむ海洋再生エネルギー 第五章 世界中が狙う海底鉱物資源 第六章 日本の海を再生させる社会的仕組み 終 章 海洋の活用こそが、国土を守る ■知られざる「富の宝庫」を、いかに生かすか[著者の言葉] 日本は、国土面積でいえば世界61位だが、領海と排他的経済水域(EEZ)の総面積では世界6位であり、まさしく海洋資源大国である。古来、日本は海を慈(いつく)しみ、その恩恵を受けて経済や生活の基盤を整えてきた。ところが今日、水産物の消費は減り、水産・海運業界は時代の潮流から取り残され、凋落(ちょうらく)している。しかし、世界的な食糧危機、およびエネルギー問題と直面する中、今こそ日本はこの資源を、新たな視点から構築・整備し、再生・発展することが求められている。この「宝の海」を他国も虎視眈々(こしたんたん)と狙っており、一刻も猶予はならない。

著者紹介

佐々木 剛 (ササキ ツヨシ)  
1966年生まれ。東京海洋大学海洋科学部海洋政策文化学科准教授。博士(水産学)。専門は、水圏環境教育学、水産教育学。1990年、東京水産大学水産学部水産養殖学科卒業後、2006年まで岩手県立宮古水産高等学校教諭。その間1997年、上越教育大学大学院修士課程、2004年、東京水産大学水産学研究科博士後期課程修了。2008年カリフォルニア大学バークレー校訪問研究員。2006年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)