• 本

アは「愛国」のア

出版社名 潮出版社
出版年月 2014年9月
ISBNコード 978-4-267-01986-9
4-267-01986-X
税込価格 1,430円
頁数・縦 283P 19cm

商品内容

要旨

尖閣・竹島・靖国・従軍慰安婦・死刑制度・原発・捕鯨・憲法9条…について、若者たちと、とことん語り合ってみた!売国奴VSネトウヨ大激論、勃発!

目次

プロローグ ネットと「安倍的なるもの」の奇妙な関係
1 バは「売国」のバ(何がなんでも「安倍反対」というわけではないけれど…
「朝日新聞」は売国奴? ほか)
2 クは「空気」のク(クジラとナショナリズム
牛や豚はよくて、どうしてイルカはダメなの? ほか)
3 イは「命」のイ(死刑制度は残虐か、それとも必要悪か
そもそも日本は本当に治安が悪いの? ほか)
モノローグ 擬似ナショナリズム、あるいは愛国者ごっこ(この国は、どこへ向かおうとしているのか
オウム事件がもたらした「集団化」 ほか)

出版社
商品紹介

森達也がネトウヨと「愛国と売国」について議論。「真の愛国者」のための「愛国」入門の書。

著者紹介

森 達也 (モリ タツヤ)  
1956年広島県呉市生まれ。映画監督・作家。98年、オウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画『A』を公開。2001年に続編『A2』が、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。11年、著書の『A3』で講談社ノンフィクション賞受賞。明治大学情報コミュニケーション学部特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)