• 本

嘘つき鳥

出版社名 幻戯書房
出版年月 2014年10月
ISBNコード 978-4-86488-056-5
4-86488-056-5
税込価格 2,750円
頁数・縦 211P 20cm

商品内容

要旨

年をとると、嘘をつくぐらいのことで疲れる。―もちろん嘘の相手は、女である。遺されたエッセイ42篇。

目次

1(石を探す
星の界
銀座今昔物語
本は流れて
縁側の秘密 ほか)
2(いつか見たいい女
破船
顔のない夢
時の橋
阿佐ヶ谷は、怖くて美しかった ほか)

著者紹介

久世 光彦 (クゼ テルヒコ)  
1935年、東京都杉並区阿佐ヶ谷生まれ。父の転任にともない、札幌や富山などで少年期を過ごす。東京大学文学部美学美術史学科卒業後、ラジオ東京(現TBS)に入社。演出家・プロデューサーとして数多くのテレビドラマを手がけ、1979年退社。のち、カノックスを設立。1992年「女正月」他で芸術選奨文部大臣賞を受賞、2003年「センセイの鞄」が文化庁芸術祭優秀賞作品となる。作家としては1987年に『昭和幻燈館』でデビュー。1993年『蝶とヒットラー』でドゥマゴ文学賞、1994年『一九三四年冬―乱歩』で山本周五郎賞、1997年『聖なる春』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『蕭々館日録』で泉鏡花賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)